親世代では中学・高校から英語を学びましたよね。

しかし、2018年からは小学校3・4年生で英語が必修になります。

 

それは、時代の流れとともに「英語力」が欠かせないものになっているから。

英語ができるかできないか、それが子供の将来を大きく左右する時代が確実にやってきます。

美女

親が子供にしてあげられる最大のプレゼント、それは「英語力」です。

英語が勉強になってしまう前に、英語が好きだという気持ちを育ててあげましょう。

 

1.英語の歌をいっしょに歌おう

美女

日本語を指さして「これなぁに?」「どういう意味?」と聞かれること、ありませんか?

子供にとっては、英語も日本語もそこまで大きな違いはありません。

だからこの時期に英語力を身に着けるのがベスト!

一番簡単なのは、子供が大好きな歌で英語と触れ合うことです。

 

美女

ユーチューブで「英語の歌 〇〇(歌の名前)」と探せばたくさん見つかります。

日本語訳がないものが多いので、お母さんが歌詞を知っている歌を探してみてくださいね。

 

▼おなじみ「あたま かた ひざ ぽん!」▼

▼子守歌にも「きらきら星」▼

 

2.英語の絵本を読み聞かせてみよう

美女

英語の歌に慣れてきたら、英語の本の読み聞かせに挑戦してみましょう。

読み聞かせのポイントは1つ。

お母さんがストーリーを知っている絵本を選ぶことです。

セリフまで完ぺきに分かる絵本なら、読みやすいと思いますよ。

 

美女

英語なんて話せない!発音が心配・・・というお母さんは、ネイティブのCDを使うのが安心。

子供は聞いたままの英語を覚えますから、どうせなら正しい発音を身に着けてほしいと思うもの。

お母さんが英語を話すのが不安なら、思い切ってネイティブのCDを読み聞かせに使いましょう。

その方がきれいな発音が身につきます!

 

▼子供が「もっと!」と止まらない!?冒険物語が手に入る▼

 

3.英語でめちゃくちゃ褒めよう

美女

「お母さん見て!」「ねぇ、お母さん」子供は、褒められるのが大好き。

嬉しい体験と英語を結び付けてあげると、子供は英語が大好きになります。

例えば上手にできた時、このような英語の声かけはいかがでしょうか。

  • Good!
  • Nice!
  • Great!
  • Amazing!
  • Fantastic!
美女

どれも「スゴイ!」という意味の英単語ですが、下の単語ほど驚きが大きい時に使われます。

 

4.英語でゲームをしよう

美女

まずは、子供が大好きなゲームを英語でやってみましょう。

一番簡単な英語ゲームは、じゃんけん

 

英語ではグー・チョキ・パーをこのように表現します。

  • グー>>Rock(ロック=岩)
  • チョキ>>Schissors(シザーズ=はさみ)
  • パー>>Paper=(ぺイパー=紙)
美女

掛け声もいろいろありますよ!

 

例えば・・・

  • 「 Rock  Scissors  Paper, Here we go !!」のあとに、出す
  • 「Scissors  Paper  Rock」 と2回言ったあとに、出す

 

日本も地域によってじゃんけんの掛け声は違いますよね。

美女

私の地域は「インジャンホイッ!」でした。あなたの地域は何でしたか?

 

▼英語じゃんけんのやり方をチェック!▼

※動画が始まって「2分」から視聴してみましょう。「じゃんけんぽん!」の掛け声が分かります。

 

▼お母さんも一緒に英語を勉強してみる?▼

 

5.少ない単語で会話してみよう

美女

子供が楽しい!と思う一番の要素は、実は親子で会話すること。これができている家庭は、子供の英語力がグングン伸びます。

簡単な会話のやり取りを英語で行いましょう。

ただし、1日だけじゃダメ

毎日当たり前のように続けることに意味があるので、あれもこれもと欲張らないことが大切です。

 

美女

忙しいお母さん方の負担にならないように、まずは1フレーズから始めることをおすすめします。

英会話の例

【〇〇を取ってくれる?/はい、どうぞ!】

お母さん「Pass me 〇〇, please ?」
(パス ミー ザ 〇〇 プリーズ)

子供「Here you are.」
(ヒヤ ユゥ アー)

 

〇〇の中に、単語を入れるだけの簡単英会話です。

〇〇には、砂糖「suger」や鉛筆「pencil」などが当てはまります。

美女

「英語が苦手だから・・・」というお母さんは、言うタイミングと単語を決めておきましょう。

例えば食事前に言うと決めておいて、使う単語はスプーン「spoon」としておけば、スラスラ話せるはずです。

 

▼親が英語を苦手なら・・・七田式がお手伝い▼

 

まとめ

大人になって、こんな風に思ったことはありませんか?

  • 「学生時代にもっとマジメに英語を勉強しておけばよかったなぁ」
  • 「子供の頃から英語を習わせてくれたらよかったのになぁ」
  • 「子供のときから英語をやってたら、ペラペラになったのかなぁ」

 

美女

自分の子供に同じ思いはさせたくありませんね。

 

そのために親のあなたができるのは、子供が「英語って楽しい!英語が好き!」という気持ちを育ててあげること。

親が子供にしてあげられることは限られています。

20歳を超えて、一生世話していくわけにもいきません。

美女

では、どうやったらあなたの子供が幸せに生活していけるのか?

 

それは自分で生きていく術を身に着けることです。

英語力は、これからの時代必ずあなたの子供の役に立ちます

 

進学、就職していくうえで「やっておいてよかった」と思う日が必ず来るでしょう。

英語に携わっていく中で親がしてあげられる一番のプレゼント、それが「英語力」をつけてあげることだと思いませんか?

 

▼自信があるから!60日間の返金保証付き▼