はるえ

こんにちは。小学1年生の娘を持つ主婦、はるえと言います。

両親や親せきは、2020年の東京オリンピックを見に行くかどうかで盛り上がっていますが・・・私はそれどころじゃありません!

 

だって2020年と言ったら、アレです。

英語教育が本格的に変わる年じゃないですか!

 

うちの娘はついこの間、

「2020年の英語学習早期化に向け、英語学習の開始時期がこれまでの小学校5年生から3年生に変更される」というお知らせを持ってきました。

本格的な開始は2020年からなので、地方の学校ではまだ開始しないところも多いようですが・・・。

はるえ

私の住んでいるところは、どちらかというと「教育熱心な地域」なので少しでも早くから導入しようということなのかも。

2020年からの英語改革で何が変わるのか、今からどんな対策ができるのかについて解説していきます!

 

4つ知っておけばOK!2020年小学校の英語教育のココが変わる

「2020年から英語教育が早く開始されるだけでしょ?」と思っている親御さん。

違いますよ!

もっと根本的な部分から変わります。

はるえ

私たちが受けた英語教育って何だったの?意味あった?・・・と思うくらいガラリと変わるんです。

そこで2020年から英語教育がどうかわるのか、3つの視点からご紹介します。

 

英語教育の開始が小学校5年生→小学校3年生になる

これまでは小学校5年生から開始されていた英語教育が、小学校3年生から始まります。

掛け算の九九を覚えたての子供たちが、いきなり英語の活動に参加するようになるということです!

はるえ

本格的な実施は2020年からですが、私の住んでいる地域のように2018年から「先行実施」する地域もあります。

 

ただし小学校3年生が行うのは、「英語の体験型学習」。

英語の試験などはありません。(試験が導入されるのは時間の問題な気がしますが・・・)

アルファベットを書いたり、英語で動物の鳴きまねをしたり、「英語って楽しいんだ!」と思うような体験をさせるのが目的です。

 

今の中学生がやっている内容が小学校5年生から始まる

英語教育改革前の小学校5年生は、「英語の体験型学習」を行っていました。

でも2020年からは、今の中学生がやっている初歩的な英語の読み書きを小学校5年生から学び始めます。

 

英語改革後は、これまでの「英語体験型学習」ではなく「英語」という教科として加わります。

教科になったら何が変わるのか・・・

通知表で評価されます!!

 

だって国語や算数と同じ教科になるわけですから。

2020年の指導要領によれば、小学校卒業時点で覚える英単語の数は600~700語

今の中学生がやっている内容を小学校5年生から始めてしまうというわけです。

はるえ

英語改革前の小学校5年生がやっていた内容を「小学校3年生」が、今の中学生がやっている内容が「小学校5年生」から始まります。

 

中学校の英語はオールイングリッシュ

教科書の内容を丸暗記して書くだけの英語教育は終わりました。

2020年の英語改革以降は、授業はオールイングリッシュ

 

授業の内容もガラリと変わります。

英語でニュース記事の内容をディスカッションしたり、仲間の意見を聞いたり、自分の気持ちを表現したり・・・

英語を聞けるのは当たり前になり、自分の気持ちを英語でどうやって表現するかが求められます。

はるえ

私が一番ビックリしたのは、これです。

私たち親世代の時は書くのがメインで、「聞く」や「話す」はオマケでしたよね・・・

 

もう少し先の話になりますが、高校生になるとさらに英語の内容がレベルアップします。

英語で発表、討論、交渉するといった「英語を使いこなす」力が求められます。

 

そして気になるのがその先の大学受験!

これまでは読んで答える筆記試験がメインでしたが、徐々に「聞く」「話す」の2項目も加えられる予定です。

はるえ

すでに「聞く」(リスニング)は導入されていますが、より実践的な聞く能力が求められるということですね。

 

▼入学前~小学校2年生ならまだ間に合う!!▼

 

 

受験のための英語学習から「使える英語」の習得へ

2020年からの英語改革では、これまでの受験英語から「使える英語」の習得に切り替わります。

教科書を丸写しして書くのではなく、英語を聞いたり話したりする時間が増えるんです。

 

私たち親世代が英語を勉強したのは、「受験するため」。

授業の必修教科だから、試験では良い点数を取らないといけない。だから単語帳やノートにひたすら書いて覚える・・・そんな勉強方法が主流でした。

はるえ

でも2020年の英語改革からは、ガラリと変わります!

 

受験のための英語は、私たちが実感しているように使い物にならないからです。

これまでの書くだけの英語の授業では、英語を聞き取ることも話すことも出来ません。

 

これからはグローバル社会!

英語が話せないと、就職さえできない時代になってくるかもしれません。

はるえ

うちの娘、ちゃんと就職できるのかしら・・・今から心配です。

 

▼聞いて話す!使える英語なら実績No.1の七田式▼

 

 

一夜漬けは通用しない!?受験での英語の難易度が上がる

あなたは学生時代、英語が得意でしたか?それとも嫌いでしたか?

はるえ

私は英語が嫌いでしたが、試験前の一夜漬けでなんとか平均点付近をキープしていました。

 

でも今の子供たちは、「英語が嫌い」とか「英語が苦手」なんて言ってられなくなります。

なぜか?

高校受験や大学受験での英語の難易度がグッと上がるからです。

 

2020年までの英語の試験は「書く」と「読む」が中心でした。

「聞く」のリスニング試験もありますが難しいものはなく、英語の授業を受けていれば問題なく答えられるレベルです。

 

はるえ

でも2020年の英語改革からは大きく変わります。

「書く」「聞く」に加え「話す」が加わります!!

 

はるえ

詳しい内容はまだ公開されていませんが・・・「話す試験」って、想像できますか?

私の時代はリスニング試験さえありませんでしたから、ハッキリ言って全然想像できません。

ただ1つ言えるのは、試験前の徹夜や一夜漬けが通用しないということ。

 

私の両親は「今の子供たちは大変ね」なんて言っていましたが・・・

とんでもない!

2020年の英語改革で苦労するのは、親です。

 

はるえ

子供たちが授業についていけなかったり、受験に失敗して困るのは誰だと思っているのよ~って感じ。

子供が小学校2年生くらいまでなら、英語教育にもそこまでお金はかかりません。たかが知れています。

でも大学受験に失敗して浪人したら・・・1年分の予備校のお金が必要です。

 

「もっと早くからやっておけばよかった・・・」と思う前に、お金があまりかからない0歳~小学校2年生までに英語を聞いて話すトレーニングをさせてあげたいですね。

 

▼あの時やっておいてよかった!と実感するママ続出▼

 

早いほど◎!子供が英語の勉強をすすんでやる秘訣

オリヴィア

Hello!ここからは在日9年の英語講師「Olivia(オリヴィア)」がお伝えします。

あなたの子供は今、何歳でしょうか?

すでに小学校3年生・・・というのなら、この先の内容はあまり役に立たないかもしれません。

 

でも0歳~小学校2年生の子供がいるなら、これからお伝えする秘訣はあなたのお役に立てるはずです。

オリヴィア

子供が英語の勉強を進んでやる秘訣、それは子供を英語好きにしちゃうこと!

子供が英語好きになる3つの秘訣をご紹介します。

 

1.英語は楽しい!

子供が小学校5年生になると、英語は「教科」になります。

成績が出るので、親御さんは嫌でも「勉強しなさい!」とか「なんでこんな点数なの!」と怒らなければいけないでしょう。

そうすると子供はますます英語嫌いになってしまいます・・・。

 

オリヴィア

だからこそ、子供が小さいうちに「英語は楽しいものだ」と思わせてあげましょう。

子供にとって英語は自分の気持ちを伝える方法の1つ。まだ勉強ではありません。

 

英語の本、CD、DVD・・・何でもいいです。

あなたの子供が興味を持つものを探しましょう。

オリヴィア

英語って面白いんだよ!ということを教えてあげてください。

 

2.英語を日常に!

子供は吸収するのが早いですが、忘れるのも早いです。

だからこそ英語に毎日触れさせてあげてください。

オリヴィア

そのために親御さんができるのは「英語を日常」にちりばめること。

 

具体的には、こうです。

  • タンスや引き出しのラベルを英語で書いてみる
  • 子供の絵本を英語にする
  • 1日5分でも英語を一緒に勉強してあげる
  • 英語の学習CDを毎日聞く

 

日本人は片付け上手の人が多く、タンスや引き出しにラベルをつけている人が多いと聞きました。

もしあなたもラベルを貼っているなら、そのラベルを英語に変えちゃいましょう。

オリヴィア

英単語がよく分からなければ「グーグル翻訳」が便利ですよ。

 

さらに子供が自主的に英語に触れられるように、本棚に英語の本を並べてあげるのも効果的。

「お母さん、コレなんて書いてあるの?どういう意味?」と聞いてくるでしょうから、英語を日本語に直して教えてあげましょう。

 

「忙しくて英語を教えている暇がない」、「私は英語が苦手だから・・・」というのなら、ネイティブのきれいな発音が学べる教材が便利です。

CDを流すだけで日本語と英語が交互に流れますし、物語も収録されています。

オリヴィア

おすすめは七田式。

お母さんが料理を作っている間にCDをかけておけば、「ママかまって!」がなくなるので家事もはかどるのだとか。忙しいお母さんのお助けアイテムとしても使えそうですね。

 

▼働くママを応援!右脳教育でおなじみ七田式英語教材▼

 

3.英語でコミュニケーション!

オリヴィア

英語好きの子供にしたいなら、英語のコミュニケーションは効果抜群。

難しい英文を話す必要はありません。

単語だけでもいいので、どんどん使っていきましょう!

 

例えば、子供を褒めるとき。

「すごい」というのは、このような英単語で表せます。

  • Good!
  • Great!
  • Brilliant!

 

単語のコミュニケーションに慣れてきたら、簡単な英文にも挑戦してみましょう。

オリヴィア

日常で使える一例をご紹介します。

 

【出かける前に】

「Are you ready?」
~準備はいい?~

「Yeah!/ wait prease!」
~うん!/ 待って!~

 

【何かお願いしたときに】

「Are you done?」
~もう終わった?~

「Yeah I’m done./ No, I’m not.」
~うん、終わったよ/ ううん、終わってない~

 

【夜ご飯の前に】

「What do you fancy for dinner?」
~夜ご飯、何が良い?~

「well…Curry and rice!」
~えーっと。カレーがいい!~

※子供は「英単語」で答えるだけでいいでしょう。

 

以上です!

毎日の生活に英語のコミュニケーションを取り入れてみてくださいね。

オリヴィア

「もっといろいろな日常会話を試してみたい!」という人は、七田式の英語教材が便利ですよ。

 

「ネットで調べられるから」という人もいますが、発音は分からないですよね。

子供は吸収が早いです。

間違った発音を身に着けないためにも、ネイティブの発音が収録された英会話教材をおすすめします。

 

▼綺麗な英語の発音は「親から子へのプレゼント」▼

 

 

まとめ

日本人の大人たちは「英語=勉強しなきゃいけないもの」だと思っていることが多いようです。

でも子供が小さいうちは「英語は言葉」です。

日本語と同じコミュニケーションツールの1つでしかありません。

 

オリヴィア

あなたの子供を英語好きにさせたいなら、小さいうちから英語の楽しさを教えてあげてください。

英語が好きな子供に育てば、親がガミガミ言わなくても勝手に英語を勉強します。

 

あなたの学生時代、それも試験前の様子を思い出してみてください。

好きな教科の勉強はスラスラできるけど、苦手な勉強はなかなか進まなかったはず。ついつい漫画やテレビを見てしまったり・・・ね。

 

子供も一緒です。

だから小さいうちから英語好きにしておくこと。

オリヴィア

英語好きな子供にしてしまえば、2020年の英語改革が始まっても大丈夫!

 

▼親が苦手でも大丈夫!英語好きの子供にスイッチ・オン▼