英語をうまく話せなくて悔しい思いをしたことはありませんか?

私は仕事で海外の方と接する時に、通訳を介さないと商談が進まないことに毎回悔しい思いをしています。自分の言葉で商品の良さを伝えられたらどんなにいいだろうか・・・。入社したての後輩が英語を使いこなして商談を決めるのを目にするたび、「どうして学生時代にもっとまじめに英語をやらなかったのだろう」と後悔の念が押し寄せてきます・・・。(日本人相手の商談なら、アイツには絶対負けないのに!)

このページでは僕と同じように、英語を話せなくて悔しい思いをした人のツイートを集めてみました。

英語が話せなくて悔しい!

 

まとめ

僕と同じように「悔しい」という気持ちを感じている人がいるのだと分かり、ちょっとホッとしてしまいました。

皆さんシチュエーションは様々ですが、「悔しい」という感情の奥に、これから英語を頑張るぞ!という前向きな気持ちがビシビシと伝わるツイートが多数でした。

ゆうた

「日本語の商談だったら負けないのに!」とか言ってた自分が、なんだか恥ずかしいですね・・・。

 

英語ができなくて悔しい思いをした。
英語ができない自分を変えたい。

今こそ、英語のはじめ時なのかも。

 

だって「悔しい」という気持ちが大きければ大きいほど、本気で英語をやれそうな気がするから。

今始めれば、諦めずにできそうですよね!

 

英語は、「やる」か「やらないか」のどちらかしかありません。

やらないでこのまま悔しい思いをするか。

それともやってみて、新しい自分に出会うか。

 

私自身まだまだ英語を使いこなせませんが、コツコツ頑張っていこうと思います。モチべ↑↑

 

 

Profile
ゆうた
こんにちは。日本で働く31歳のサラリーマン「ゆうた」です!
英会話のスキルが仕事で必要になってきたため現在必死に勉強中です。
好きな漫画はドラゴンゴール。(かめはめ波は無理でも、どどん波くらいはいけそう。。。笑)